2017年12月アーカイブ

エコノミー症候群

症状が悪いと死ぬこともある、エコノミー症候群。
長時間同じ姿勢でいることで、脚の血が停滞し、かたまりができて、
それが肺の動脈につまる病気です。

飛行機内は同じ姿勢、乾燥・水分の摂取不足などの悪条件が重なりやすい特殊な状況なので、
エコノミークラス症候群が起きやすいのですね。

なにか震災がおきて避難所にいるとこれになったりもしますね、
かわいそうに。。

こんなふうに、長時間のフライトだけでなく、
じつは車中泊やデスクワークでも起こる可能性があります。

だからけっこうちゃんとケアしなくてはいけない。

予兆としては、
片方の足だけがむくむ、痛みなどを感じるらしい。
発症すると足の痛みのあとに胸の痛みや息切れが起こるので、
そうなったら医者に行きましょう。
(行ける状態であれば、です)


御水分をとって、身体を動かすことが飛行機では必要ですな。
ずっと寝てた、なんてホトがあとからこれになることもあるみたいですから。
気を付けましょう!

このアーカイブについて

このページには、2017年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年11月です。

次のアーカイブは2018年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。